おすすめの敷布団・マットレスガイド HOME » 腰痛を改善するためにできることは?

腰痛を改善するためにできることは?

腰痛の原因には睡眠不足が関係しています。睡眠が足りていないと疲れた体を回復することができずに、筋肉が緊張しっぱなの状態になります。血流の巡りが滞って腰周りの筋肉に乳酸が蓄積し筋肉はより硬くなり、腰痛を引き起こしてしまうのです。腰痛が悪化すると痛みが気になって眠ることすらままならず、より睡眠不足になるという悪循環に…。

質の高い睡眠は筋肉疲労を回復して腰痛を和らげてくれるため、腰痛改善には十分な睡眠が必要不可欠です。ぐっすりと眠れるように寝具や寝姿勢、寝る環境を意識することが大切ですよ♪

腰痛になる原因

腰痛になってしまう原因は3つあります!重いものを持ち上げたり降ろしたりして腰に負荷がかかる「動作要因」・体の冷やしすぎや合わない寝具、車の振動などの「環境要因」・加齢や肥満、筋力の低下によって腰へダメージを与える「個人的要因」の3つです。自分の腰痛の原因を把握して、改善策を見つけましょう♪

腰痛と睡眠の関係とは

腰痛と睡眠は深く関係しているって知っていましたか?正しい寝姿勢で十分な睡眠を取らなければ、腰の痛みを改善できません!睡眠が十分でないと腰周りの筋肉にたまった疲労を回復できずに翌朝も筋肉が緊張した状態のままになるので、腰の痛みが続きます。正しい寝姿勢とは寝返りを打ちやすい体勢のことです。長時間同じ姿勢のままだと筋肉に柔軟性がなくなり、目が覚めた時に腰が痛む原因に…。腰痛の改善には腰に負担をかけない正しい寝姿勢を取って十分な睡眠を取ることが大切ですよ。

腰痛を改善する寝姿勢ってどんなもの?

正しい寝姿勢は一人ひとり違います。仰向け・横向き・うつ伏せで眠る際、一番大切なのは腰を反らないことです!睡眠時に腰を反らした状態だと長い時間腰に負担がかかる状態になってしまい腰痛の原因になります。正しい寝姿勢をマスターして、腰痛を改善しましょう。

職場でも挑戦できる!腰痛を改善する姿勢の正し方

腰の痛みを職場でも和らげるには、正しい姿勢を取るのが一番!立ち仕事やデスクワーク、運搬業の仕事をしている人でも仕事中に実践できる腰痛の改善法があります。仕事中や合間に正しい姿勢を取るだけで腰への負担を減らせるので、簡単に続けることができますよ♪

布団の上でできる腰痛改善のためのストレッチをまとめました!

腰を痛めずに布団の上で寝ながら腰痛改善できる簡単なストレッチを知っていますか?寝ながら行うストレッチはお尻の筋肉を効率的に伸ばすことで、コリをほぐして腰痛を改善できます。血行が促進されて新陳代謝が上がると安眠効果も♪ストレッチを行うタイミングは、起床後や就寝前がおすすめです。無理のない強さと回数で毎日続けましょう。

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ