おすすめの敷布団・マットレスガイド HOME » 評判の良い敷布団・マットレスおすすめ一覧

評判の良い敷布団・マットレスおすすめ一覧

こちらでは評判の良い敷布団・マットレス15製品の特徴、価格、商品情報、扱い方やお手入れ方法、口コミなどについて紹介しています。

評判の敷布団・マットレス15選

朝起き上がるのが辛くなるほど腰痛が悪化していた私ですが、つぶれた敷布団を買い替えてみたところ、腰の痛みが改善されたんです☆1日の中でも7~8時間は敷布団・マットレスの上にいるわけですから、身体への影響も大きいハズですよね~。

私と同じように腰痛で悩んでいる人にも、自分に合う敷布団に出会ってほしい!そんな思いから、自分で試してみて腰痛が楽になった製品&口コミで評判の敷布団・マットレスを15製品ピックアップしました。腰痛に悩む人はぜひ参考にしてみてください!

雲のやすらぎ(一番星)

雲のやすらぎ

引用元:一番星オンラインショップ
http://ichiban-boshi.com/
shop/shop.cgi?id=29

体圧が分散されるので雲の上で寝ているような寝心地の良さ。硬すぎず柔らかすぎず、首・肩・腰に負担がかからないので、腰痛の方も気持ちよく眠れます。
リバーシブル使用でオールシーズン利用可能!

 

腰いい寝(櫻道ふとん店)

腰いい寝

引用元:櫻道ふとん店
http://www.sakuramichi3776.co.jp/
products/list-shiki-koshi/

信州大学繊維学部と共同研究の「腰にいい超高反発凹凸素材」と、「プロファイルウレタン」が体圧を分散させるので肩や腰が楽。
「温泉綿」が体を温めてくれ、朝まで快適な眠りをサポートします。

 

エアウィーヴ(エアウィーヴ)

エアウィーヴの画像

引用元:エアウィーヴ
http://airweave.jp/products/
index.shtml

あらゆる方向から体を支える体圧分散で朝までぐっすり熟睡。
空気が通りやすい構造で、夏は蒸れず冬は体温を逃さずに眠れます。
水洗いできて、いつでも清潔に保てます。

 

点で支える体圧分散敷ふとん(ニトリ)

点で支える体圧分散敷ふとん

引用元:ニトリネット
https://www.nitori-net.jp/store/
ja/ec/寝具/敷きふとん/7542458s

凸凹構造だから、体を点で支えてバランスよく体圧を分散してくれます。
高機能でありながらニトリならではのお手頃価格で、質の高い眠りを朝までサポートします。市販のワンタッチシーツも使用可能。

 

トゥルースリーパー プレミアム(ショップジャパン)

トゥルースリーパー プレミアム

引用元:トゥルースリーパー公式
http://www.truesleeper.jp/

復元力と弾力性に優れた低反発素材『ウルトラヴィスコエラスティック』が、体圧を分散し体を包み込むように理想的な姿勢をキープ。
肩・腰への負担を軽くして快適な眠りを誘います。

 

フレアベルSUFRE X(アキレス)

フレアベルSUFRE

引用元:アキレス株式会社
http://www.achilles-freabell.jp/
product/sufre-x/

表層のムマックフォームは空気や水を通しやすく通気性に優れています。
体圧を分散する中反発フォーム(SUFRE)で楽な寝返りがうて、下層の瞬反発フォームがしっかりと身体をサポートします。

 

ブレスエアー(東洋紡)

ブレスエアー

引用元:東洋紡 ブレスエアー
洗えるふとん 通販情報
http://toyob-breath-air.seesaa.net/

優れた体圧分散性の東洋紡ブレスエアー(R)。
ゴム弾性と三次元スプリング構造で圧縮回復性に優れており、適度な反発力で元にもどるので、姿勢を安定させて快眠に導きます。

 

プロファイルウレタン敷ふとん(無印良品)

プロファイルウレタン敷ふとん

引用元:無印良品
http://www.muji.net/store/cmdty/
detail/4549337288249?searchno=5

プロファイルウレタンの体圧分散効果が点で体を支えて沈み込みすぎず、快適な睡眠が朝まで続きます。
厚みもあるので底付き感もなく、コンパクトにできるので収納も楽にできます。

 

マニフレックス モデル246(青木商事)

マニフレックス モデル246

引用元:マニフレックス
http://www.flag-s.com/lineup.html

理想的マットレスとして注目を集め、プロアスリートも愛用。
適度な弾力性と硬さがまるで水中で寝ているような姿勢をキープさせ、肩、背中、腰に負担をかけないので、朝まで熟睡でき疲労も回復します。

 

ムアツふとん(昭和西川)

ムアツふとん

引用元:昭和西川
http://www.nishikawa-store.com/

独自凹凸構造の特殊ポリウレタンフォームが体全体を点でを支えて均等に体圧を分散、理想的な寝姿勢で朝まで安眠が続きます。
側地は抗菌・防臭のポリジン加工が施されているので、いつでも清潔です。

 

モットン(ロックウォーター)

モットン

引用元:モットンジャパン
http://motton-japan.com/motton/

日本人の体形に合わせて作られた、反発力にこだわったマットレス。
身体を均等に持ち上げて体圧を分散、理想的で歪みのない睡眠姿勢を保って安眠をサポート。通気性に優れた素材で1年中快適な寝心地です。

 

Air(東京西川)

Air

引用元:東京西川
http://www.nishikawasangyo.co.jp/r/
categories/敷きふとん/items/6359-
AI0010BT-[エアー01]マットレス/
BASIC

表面の凹凸が効果的に体圧を分散して睡眠時の血行を妨げないので、身体への負担が軽減され、快適な睡眠が持続できます。
放湿性に優れているので干す手間もなく、ホコリの心配も少なく手入れが楽です。

 

Airy SAR-S(アイリスオーヤマ)

Airy SAR-S

引用元:アイリスオーヤマ
http://www.aisin-asleep.com/
products/mattress/choice.html

体圧を分散する新素材『エアロキューブ(R)』が体の負担を軽くし、正しい寝姿勢と快眠をサポートします。
抗菌防臭加工、制菌加工のSEK基準に合格し、ダニも増殖しにくい素材を使用。

 

asleep(アイシン精機)

アスリープ

引用元:アスリープ
http://www.aisin-asleep.com/
catalog/pdf/2015/p44-45.pdf

寝姿勢、体圧分散、寝床内の環境、寝返り性に着目した素材『ファインレボ』が、身体のバランスを保って心地良い眠りを実現します。
4通りの硬さにカスタマイズでき、自分にピッタリの寝心地を作れるのも魅力。

 

Futon Simple(テンピュール)

Futon Simple(テンピュール)

引用元:TEMPUR
http://jp.tempur.com/mattress/futon/
futon-simple-TJP1024M.html?cgid=
futon&start=2

 

NASAの開発した緩衝材を原点に作られたテンピュールのマットレスは、優れた通気性、弾力性、復元力、体圧や体温で変化して使う人にぴったりフィット。
体圧が分散されて抜群の寝心地をキープします。

自分にあった敷布団を選ぶことが大事

とにかくズラーッと15製品を並べてみましたが、こんなにあると「どれを選んだらいいか分からない!」と悩んでしまいますよね。それぞれの敷布団・マットレスにはさまざまな特徴があるので一概にどれがおすすめ!とは言い切れませんが、選ぶときのチェックポイントがあります。参考にしながら、自分の好みに合ったものを選んでくださいね♪

硬さ

敷布団を選ぶときに真っ先に思い浮かべるのが、「硬さをどうするか」ではないでしょうか?寝心地に直結しますし、好みもハッキリと分かれるところです。

選ぶポイントとしては、身体の悩みに合わせた硬さを選ぶこと。柔らかすぎると身体が沈んでしまい、寝るときの姿勢が悪くなってしまいます。反対に硬すぎると、身体の出っ張った箇所にだけ体重をかけてしまうのでNG。なるべく立ち姿勢と同じ状態をキープできる適度な硬さがベストなんです!

そうは言っても寝具なので、寝心地がいい敷布団がいちばん。身体の悩みだけで選ぶのではなく、自分の好みも大事にしてくださいね♪

サイズ

多くの人が部屋の広さに合わせて選ぶ「サイズ」。でも、腰痛や肩こり、背中の痛みなどを解消するためには、部屋ではなく「自分」に合わせてサイズを選ぶべきなんです。

身体の痛みを軽減するためには、適度な寝返りを打つことが重要。人は寝ているときに平均20回ほど寝返りを打って姿勢を変えています。回数が少ないと身体の一部分にだけ負荷がかかってしまうので、腰痛や肩こりを引き起こしてしまうのです。

1人用ならシングルサイズ!と思われがちですが、実はセミダブルが理想のサイズ。これなら寝返りを打つのに十分なスペースを確保できます。

身体のためには少し大きめが理想ではありますが、部屋の広さを急に変えることはできないので、お家の事情と相談しながら選ぶようにしましょう!

こだわり

硬さやサイズは最低限の条件!毎日使うものだからもっとこだわりたい!という人は、敷布団の特徴で選んでみてはいかがでしょうか?

敷布団の中には、1年中快適に眠れるように表と裏で素材を変えている製品があります。夏は涼しいメッシュ素材、冬は暖かいウールなど、ひっくり返せばオールシーズン使えちゃいます♪

ほかにもダニ・カビ予防や長持ち素材などがあるので、「おっ、これいいな!」と思った敷布団をチェックしてみてください!

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ