おすすめの敷布団・マットレスガイド HOME » 敷布団・マットレス選びなんでもQ&A

敷布団・マットレス選びなんでもQ&A

敷布団やマットレスを選ぶにはいくつか知っておきたいポイントや知識について解説しています。

高反発の敷布団・マットレスとは?

高反発素材は圧力が加わると反発しようとする力強いため、マットレスや敷布団の肩や腰など圧力がかかる場所でも必要以上に体が沈んだりせず、体の圧力をバランス良く分散してくれるので体が痛くなりにくいです。また耐久性が有りへたりにくく通気性にも優れています。

低反発の敷布団・マットレスとは?

低反発素材は体の圧力が加わると圧力に応じてゆっくりマットが沈んでいって包み込むように体にフィットするので肩や腰にかかる体圧を分散されて身体への負担が軽減されます。 比較的厚みがないため丸めて収納ができ、商品により洗濯できるものもあります。

体圧分散ってなに?

寝ている時に肩や腰など体の一部分にだけ体重がかかり続けると、その部分に負担がかかって痛みやコリが生じたり、寝心地が悪くなって安眠できません。1箇所に集中する圧力を身体全体に均等に分散する事を体圧分散といい、これは敷き布団の大事な条件です。

どんな素材がいいの?

敷布団やマットレスの素材に使われる素材は大きくわけると、羊毛、木綿、羽毛、化繊があり、羊毛は非常に保温力が高く、羽毛は軽くて保温性に優れ、化繊は低価格です。木綿の敷布団を使う人は化学繊維の普及で少なくなっています。

敷布団・マットレスの寿命って?

頻繁に買い換えることはありませんが、敷布団も長年使っていると寿命がきます。起床時に腰が痛かったり、肩がこっていたら寿命がきているかもしれません。敷布団の寿命は10年~15年くらい、量販店などで購入した敷布団の寿命は3、4年と言われます。

季節ごとに変えるべき?

1年中同じ敷布団を使っているという人は多いのですが睡眠の質をあげて安眠したいのなら冬と夏で布団を変えるべきです。 湿気が多く気温も高い夏は、寝ている間にかいた汗を吸い込まず吸湿性が低いような敷布団はNG、寒い冬には保温性の高い布団が不可欠です。

ネット通販と店舗購入どっちがいいの?

ネット通販で敷布団を購入するメリットは沢山ありますが、第一のメリットは自宅まで配達してもらえるということ。店舗で購入する場合は実際に商品を自分の目で見たり触ったり試したりできるということがメリットです。

布団をへたらせないお手入れは?

毎晩体重を支えている敷布団やマットレス。長年使っていると中綿が潰れてクッション性を失いヘタってしまって腰や肩が間接的に床に接触する底つき状態になってしまいます。毎日のお手入れはどのようにすれば良いのでしょうか?

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ