おすすめの敷布団・マットレスガイド HOME » 敷布団・マットレス選びなんでもQ&A » 理想的な睡眠姿勢を保つ高反発敷布団・マットレスとは?

理想的な睡眠姿勢を保つ高反発敷布団・マットレスとは?

腰痛持ちにとって、「横になっても痛くない」「朝、目が覚めてもやっぱり痛くない」「ぐっすり眠れて気分爽快!」を実現してくれる寝具との出会いは悲願ですよね。私も以前はひどい腰痛に悩まされていたのですが、「高反発マットレス」を使い始めて以来、腰の痛みがかなり改善されました!仰向け・横向き・うつ伏せ、どんな体勢で眠っても大丈夫。布団を変えるだけでここまで腰痛が改善されるなんて驚きです。

私の腰痛を解消してくれた高反発マットレスを、同じく腰痛に悩んでいる友人にすすめようと思ったとき、ふといくつかの疑問が浮かびました。

「なぜ高反発マットレスで寝ると腰の痛みが緩和されるの?」「どんな腰痛にも効くの?」「デメリットはないの?」…これらの疑問を解消しないまま大切な友だちに高反発敷布団を勧めるわけにはいきません。

というわけで高反発敷布団・マットレスについて徹底的に調べてみました!ここではその結果を

  • 高反発のマットレスや敷布団ってどんなもの?
  • メリットとデメリット
  • 高反発のマットレスに向いている人
  • 高反発のマットレス・敷布団愛用者の口コミ

に分けてご紹介します。

腰が痛くて眠れない方や腰の痛みとともに目覚めてこのページにたどり着いた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

高反発のマットレスや敷布団ってどんなもの?

ちょっと前は低反発の寝具が流行っていましたが、最近では高反発マットレスが大人気ですよね。
高反発素材には圧力が加わると反発しようとする力が強いため、肩や腰などの圧力がかかる場所でも体が沈み込みすぎず、体の圧力を分散するので、身体が痛くなりにくいという特徴があります。

高反発というと硬くて痛そうなイメージですが、仕事で疲れて帰って高反発マットレスで寝ると、いつまでも眠れるような心地よさにビックリすると思います。

高反発マットレスには低反発マットレスより優れたメリットや特徴があります。低反発マットレスには体が沈み込んで優しく包み込まれるような気持よさがありますが、高反発マットレスはそのような寝心地は実感出来ません。

沈んで包み込まれるような寝心地のよさは低反発マットレスのほうが優れているかもしれませんが、それは腰痛や肩こりの原因にもなります。

寝ている間は無意識に体を動かしているので、身体が沈み込んで楽に寝返りができないと知らないうちに腰や肩に負担がかかったり、不自然な睡眠姿勢が腰痛や肩こりを引き起こしてしまいます。睡眠中にかかる体圧は肩と腰付近の負荷が大きくなるので、その部分の体圧を分散することで腰痛や肩こりを改善に導きます。

立ち姿勢のまま横になったS字カーブを描いている状態が理想の睡眠姿勢。 高反発マットレスなら理想の睡眠姿勢をキープして肩・腰への負担を軽減し、翌朝すっきりと目覚めることができます。

また、高反発マットレスは反発力に優れていて寝返りをうちやすいため、睡眠中も疲れにくく耐久性に優れている、通気性に優れているという特徴があります。

【高反発マットレスのメリット】

  • へたりにくいので耐久性が高い
  • 素材の性質上、通気性に優れている
  • 復元力に優れているのでへたりにくい
  • 洗濯できる素材の商品が多い

【高反発マットレスのデメリット】

  • ほかのマットレスと比べると価格が高い

高反発のマットレスに向いている人

腰痛がひどい人や、今までのマットレスで腰痛が悪化した人におすすめです。高反発マットレスは理想的な睡眠姿勢を保てるので、劇的に腰痛が良くなることもあります。

出産後の腰痛に悩む方にもおすすめです。骨盤のズレなどが原因の産後の腰痛は高反発マットレスで理想的な睡眠姿勢を確保すれば改善することが期待できます。

寿命を迎えたマットレスを使い続けると体の疲れも取れにくいですし、理想的な睡眠姿勢を保てないため、腰痛や肩こりの原因にもなります。朝の目覚めは一日の行動に大きな影響を与えますよね。寝起きがすっきりしないという方は高反発マットレスを使ってみてはいかがでしょうか?

体の疲れが取れにくい、腰痛や肩こりという方は身体に合わないマットレスを使って理想的な睡眠姿勢を保っていないからかもしれません。朝の目覚めが悪い、寝起きがすっきりしないというに方は高反発マットレスがおすすめです。

高反発のマットレスに向いている人

腰痛に苦しんでいたころの私は、使用年数10年以上の古いベッド・マットレスで寝起きしていました。古いマットレスで眠るのは腰に悪いという話を聞き、新しいマットレスを探していたときに出会ったのが「高反発マットレス」です。

毎朝、腰の痛みとともに不快な寝起きを続けていた当時の私は、「腰への負担が少ない」という宣伝文句を見て迷うことなく購入。届いたマットレスをベッドフレームに置いて横になってみると、身体が程よい弾力で受け止められる感覚があって、「なんだか良さそう…」と感じました。

そしてその夜、久しぶりに一度も夜中に起きることなく熟睡できたのです。今では、夜中に腰の痛みや凝りで目が覚めることはほとんどなくなりました。腰痛自体も少しずつ改善されてきています。

普通のマットレスだと硬過ぎたりたり柔らか過ぎたりして、横になったとき背骨が歪んだ状態になってしまいます。高反発マットレスは適度な弾力で身体を支えてくれるので、背骨が理想的な姿勢でキープされ、腰の痛みが軽減されるのです。寝ているときでも良い姿勢を保たせてくれるので、腰痛以外にも肩こりや出産後の骨盤ズレにも効果があるそうですよ。

腰痛を改善し、深い眠りを私にもたらしてくれた高反発マットレス。同じ悩みを抱える人に心からおすすめします!

高反発敷布団・マットレスが腰痛に効果を発揮する理由とは??

長年私を苦しめた腰痛を、寝ている間に改善してくれた高反発マットレス。しかしなぜ腰痛に効果があるのでしょうか。

低反発マットレスとの違い

柔らかく身体を包み込んでくれる低反発マットレスには、一気に夢の世界に連れ去られるような寝心地の良さがあります。しかし低反発マットレスは腰の痛みを悪化させてしまうこともあるのです。

柔らかいマットレスの上に横になると肩や腰の部分が深く沈み込み、体が歪んでしまいます。その姿勢のまま長時間いると肩や腰の辺りに大きな負荷がかかり、肩こりと腰痛が引き起こされるのです。

寝心地の良い低反発マットレスですが、腰痛に悩む方にはおすすめできません。

理想的な寝姿勢を維持する高反発

高反発マットレス・敷布団は適度な硬さで背骨を支えて、寝ている間も姿勢を保ってくれます。そのため肩や腰にかかる負担が軽くなり、腰痛が改善されます。

では、硬ければ硬いほど腰に良いのかというと、そうでもないのです。硬過ぎるマットレスで眠ると良い姿勢は維持できるのですが、体重をマットレスが吸収してくれないので、全身に「体圧」という圧力がかかります。

体圧が長時間かかると体が痛くなり、圧力を逃がそうとして寝返りの回数が増え、眠りが浅くなってしまうのです。腰痛が多少良くなっても、全身が痛かったり疲れが取れずダルかったりしては意味がありませんよね。

マットレスは硬過ぎても柔らか過ぎても、体にとって負担になります。理想的な寝姿勢を維持しつつ、体圧もかかりすぎない、適度な弾力の高反発マットレスでなければ腰痛改善は望めないのです。

寝返りを助けてくれるので朝まで熟睡!

高反発マットレスには、その適度な弾力で寝返りをサポートしてくれるという働きもあります。一般的な敷布団に寝ている人が寝返りを打つときに費やす力を100%とすると、高反発マットレスの上で寝返りを打つのに必要な力は80%ほど。寝ている間に余分な力を使わないので、腰に負担をかけることもなく、深く眠れるのです。

人間が一晩に打つ寝返りの回数として、熟睡するには20回ほどが理想的だと言われています。柔らか過ぎるマットレスだと体が沈み込むので寝返りしにくく回数は減り、硬過ぎるマットレスだと体に伝わる圧力を逃がそうとして寝返りの回数が増えます。どちらの場合も熟睡を妨げるうえ、腰に余計な負荷がかかり、腰痛の原因に。

寝返りが打ちやすい適度な硬さの高反発マットレスで眠ると、寝返りの回数は20回程度に収まるという調査結果があります。理想的な寝返り回数で深い眠りを実現しつつ、腰にかかる負荷を最小限に抑えてくれるのです。

通気性に優れていて洗濯も可能だからストレスなく使える

高反発マットレスには、寝ている人の体を反発力で押し返す素材を使用するため内部にわずかな隙間が生まれ、通気性が良くなるという特徴があります。

人間は寝ている間にコップ1杯分(約200cc)の汗をかくと言われていますが、通気性が悪いとその全てがマットレスの中に溜まり、不快な湿気を帯びてしまうのです。睡眠時の不快感は筋肉を硬直させるので腰痛にも悪影響。さらにマットレスが湿気るとダニや嫌なにおいの原因となる雑菌が増えやすくなり、衛生的にも良くありません。

通気性の良いマットレスなら暑い夜、汗で湿気た肌触りに不快を感じることもなく、ダニや雑菌の増殖も抑えられます。また、高反発マットレスの多く洗濯できる素材で作られているので、水をこぼしたり子供やペットがオシッコをしてしまった場合でも安心です。

ストレスのない安らかな眠りは筋肉の緊張をほぐし、腰痛を緩和してくれるので、高反発マットレスの通気性も腰痛改善には見落とせないポイントだと言えます。

まとめ

高反発マットレスは適度な弾力で寝姿勢を維持することで、腰痛改善に効果を発揮します。また、その弾力は寝返りをサポートしてくれるので、睡眠時に余計な力を使うことがなく腰の痛みが悪化するのを防げるのです。

寝ている体を柔らかく包む低反発マットレスは、理想的な寝姿勢の維持や寝返りのしやすさに関しては、悪影響を及ぼす場合があります。腰痛に悩んでいる方には高反発マットレスの方がおすすめです。

高反発マットレスが持つ通気性や洗いやすさといったポイントも、腰痛を改善する理由です。通気性の良さはマットレスが湿気を帯びて睡眠時のストレスとなることを防止。寝ている間のストレスを少なくすることで、腰まわりの筋肉に余計な緊張を与えない深い眠りが実現できます。

洗いやすさはマットレスの清潔さを維持し、ダニや嫌なにおいの原因になる雑菌の増殖を抑えるという点でストレスの防止につながります。これらも通気性が悪く丸洗いしにくい素材で作られていることの多い低反発マットレスでは得られない、高反発マットレスのメリットです。

高反発マットレス・敷布団の持つ様々な特徴がそれぞれに腰痛の原因を解消することで、腰の痛みを改善しているのですね。

高反発のマットレス・敷布団愛用者の口コミ

  • プレゼントで高反発マットレスをもらったんだけど凄くよく眠れた。寝心地が良いのは間違いない。
  • 腰痛がキツかったのですが、高反発マットレスに変えたら良くなりました。
  • 高反発マットレスの寝心地が良すぎです。高かったけど結構当たりかも。
あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ