冷え

冷えの原因は敷布団やマットレスかもしれません。その理由と症状にピッタリの敷布団・マットレス、愛用者の口コミを紹介します。

睡眠を妨げる冷えの原因

女性の半数以上が冷えに悩んでいるといわれ、冷え性で良く眠れないという方もとても多いです。冷えが原因で夜中に起きてしまって熟睡できず不眠になることも。

冷え性には様々な要因が関わっていますが、冷え性の人によくある生活習慣や特徴としては、お風呂はシャワーですませる、仕事がデスクワークや動きの少ない立ち仕事、低血圧、汗かきなどがあげられます。

人間の体は毎日無意識に体温調節を行いますが、体温を上げる時は全身に血を循環させ、体温を下げる時は発汗を促して熱を放出します。 しかし運動不足などが原因で血液循環機能が衰えてしまい体温調節が困難になると、体の末端である手足の先まで血が通いにくくなって冷え性の原因となります。

また人間は寝ている間、一晩に200cc以上の汗をかきますが、寝具が寝汗を吸収しないと体温が下がりますし、着ている寝間着が冷えて身体も冷やしてしまいます。

暖かくて快眠できる敷布団・マットレス

多くの冷え性の人が寝具の保温性だけ重視し、吸湿性の重要さについては考えていません。 寝汗をかくことで体温が下がって深い眠りに落ちて行くのですが、寝具が汗を吸収しないと冷えてしまい、夜中や明け方に目が覚めて熟睡ができません。

シーツや汗取りパッドをマットレスの上に敷いただけでは汚れ防止にはなりますが冷えにはほとんど効果がありません。マットレスや敷布団の上には、羊毛のような保温力と吸湿発散性の高いベッドパッドを敷く必要があるのです。

また低反発マットレスはあまり通気性がよくないので、通気性に優れた高反発マットレスがおすすめです。

最近では、高反発マットレスで両面使えるリバーシブル使用でオールシーズンOKというものもあります。秋冬は羊毛が身体を温めて湿気を取り除き、春夏は防ダニ、抗菌、防臭綿のキルトという優れモノなので、1年中快適に眠ることができると評判です。

体圧分散・高反発マットレスで冷えを解消した方たちの声

  • 冷え性なので寒い夜に使っています。すごくよく眠れるようになりました。
  • リバーシブルになっているところがいいですね。冬は冷えず夏は快適です。
  • 雲の上で寝てるようで寝心地がよく、身体もぽかぽかで冷え性の私にピッタリです!

冷え対策には暖かいだけではなく湿度を逃すことも大切だったなんて、知らない方も多かったのでは? 冷えに悩む方はぜひ、湿度のことも考えて敷布団・マットレスを選んでくださいね。

快眠できる敷布団を探そう!

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ