不眠

寝付けなかったり眠りが浅いのは敷布団やマットレスが原因かも。その理由と症状にピッタリの敷布団・マットレス、愛用者の口コミを紹介します。

眠れない原因

不眠の原因は人それぞれですが、複数の原因が重なっている場合が多いようです。

主な不眠の原因としては

  • 悩みやストレスで精神的な緊張や不安があって眠れないというストレス性不眠
  • 深夜勤務や海外旅行などで体内時計が狂ってしまうことなどによる生理学的不眠
  • 肩こり、更年期、冷え性などの身体異常や病気による不眠
  • カフェインや喫煙で脳が興奮状態になって眠れない薬理学的不眠
  • うつ病や神経症による精神医学的不眠
  • 寝具が合わない、うるさい、暑い、落ち着かないなどが原因で眠れない環境要因的不眠

の6つがあげられます。

ストレスや身体の痛みなどが原因で眠れないという方はとても多いのですが、眠りやすい環境を日頃からつくるということもとても重要です。 眠れないので病院に行ったという方が寝具を変えただけで眠れるようになったというケースも多く、寝具環境を整えるのは良い睡眠をとるためには大切なことといえます。

よく眠れる敷布団、マットレスとは?

見た目は同じような形をしている敷布団・マットレスですが、その素材は様々あり、素材によって眠りの質が左右されます。

安眠できる敷布団とは、保温性・通気性・支持性があるものです。

人間は睡眠中にコップ1杯(200CC)くらいの汗をかくので、敷布団はその汗を吸収・放出できる必要があります。

また身体がしっかりと支えられるということも非常に重要です。人間の身体は部位によって重さが違い、凹凸も異なりますが、これをしっかりと支えてバランスのよい姿勢を保たなければなりません。

よく、柔らかすぎる布団は腰やお尻が沈んで腰に負担がかかるので腰痛がある場合は硬い布団がいいといいますが、硬すぎるのも良くありません。

硬すぎると腰の部分が浮いてしまうだけでなく、腰骨など一部分に圧力が集中してかかって血行障害を招いてしまい、逆に腰痛の原因となります。

不眠には体圧分散・高反発の敷布団やマットレスがベスト!

柔らかすぎるのも硬すぎるのもダメというなら、不眠症に良いのはどのような敷布団やマットレスなのでしょうか?

それは体圧を分散してくれる敷布団やマットレスです。

体圧分散・高反発のマットレスは、多くの睡眠にこだわるアスリートも使っています。体圧を分散して、体をしっかりと支えてくれるので良い寝姿勢も保ち、沈み込んだ体を下から押し上げるので寝返りも打ちやすく朝までぐっすりと眠ることができます。

体圧分散マットレスで良く眠れるようになった方たちの声

  • 本当に効果が凄い!寝つきが悪く眠りも浅かったのにすぐに眠れるようになりました。
  • 不眠症で眠れなくて困っていましたが、今は寝すぎて困っています。
  • とても寝心地がよくて朝まで熟睡できるようになり、腰痛も改善されました。

快適な睡眠環境が快眠できる条件。身体にあった敷布団やマットレス選びって本当に重要ですね!

自分にあった敷布団を探そう!

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ