いびき

いびきの原因は敷布団やマットレスかもしれません。その理由と症状にピッタリの敷布団・マットレス、愛用者の口コミを紹介します。

いびきってどうしてかくの?

たまにいびきをかくなら問題はありませんが、頻繁にかいていると一緒に眠っている人が迷惑に思っているかもしれません。また、いびきには健康に関わる問題が隠れていることもあるので、あまり軽視するのも危険です。

自分でいびきを自覚することは難しいので、もしいびきを指摘されたのなら、かなりひどいということなので注意する必要があります。

いびきは、舌の根元にある軟口蓋が気道を塞いでいる状態になっている時に呼吸をして気道が震えて音が出ている現象です。

いびきをかくことで熟睡できなくなってしまうので、睡眠による体力の回復効果が落ちてしまって寝ても疲れがとれないという状態にもなります。

あまりひどくなるといびきが突然止まる睡眠時無呼吸症候群になることもあるので医師の診察を受ける必要がありますが、軽いいびきなら生活習慣を変えることで緩和されることが多いです。

敷布団やマットレスでいびきがなおる?

いびきの原因は気道が塞がっていることなので、しっかりと気道確保できていればいびきは緩和されます。

いびきを和らげるために、適度な高さの枕や適度な硬さの敷布団を使う、鼻呼吸の癖をつける、 喫煙をやめる、睡眠前に飲酒をしない、などが対処法としてあります。

起きている時でも背筋をまっすぐに伸ばして呼吸するのと背筋が曲がった猫背状態で呼吸するのとでは圧倒的に呼吸のしやすさが違いますが、これは胸部が弛緩して縮んでいる状態では気道周囲がたるんで空気の通り道が狭くなるから。

就寝時も首と背筋がまっすぐ伸びた体勢を維持すればいびきも緩和されるので、マットレスや敷布団などの寝具は少し硬めで背筋が伸びやすいもの、枕はやや低めのもの、例えば体圧分散に優れた高反発のマットレスなどを使うことがおすすめです。

マットレスを変えていびきを解消した方たちの声

  • 下から体が支えられている感覚があり体がラクです。 妻からいびきをかかなくなったと言われました。
  • いびきをかかなくなったせいで朝もすっきり目覚められて大満足。ちょっと高いけど敷布団を変えて正解でした。
  • 長年の悩みだった腰痛が軽くなり、家族からはいびきが減ったと言われました。

敷布団やマットレスなど寝具を変えればいびきがなおるなんて、本当に敷布団・マットレスなどの寝具選びって重要なことなんですね。

身体をラクにする敷布団を探そう!

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ