疲労

疲労の原因は敷布団やマットレスかもしれません。その理由と症状にピッタリの敷布団・マットレス、愛用者の口コミを紹介します。

疲労の原因は寝具にあり!

良く寝ているはずなのに朝起きても疲れがとれない・すっきり気持ち良く起きられるはずなのに、すっきりどころか疲れがとれずに身体がだるい… このような調子のまま放置すると、ストレスもたまり、体調を崩す原因となってしまいます。

では、なぜ寝ても疲れが取れないのでしょうか?

その原因は「ストレス」、「肝臓の疲労」、「不規則な食生活」、「栄養不足」、「深夜労働などで体内時計がくるっている」、「敷布団などの寝具が合わない」など様々です。

【ストレス】

ストレスが多いと交感神経ばかりが働いて副交感神経の働きが弱くなって、寝ても疲れが回復しなくなってしまいます。

【肝臓の疲労】

肝臓が疲労していると寝ても疲れが取れない、肌や髪の調子が悪い、朝の目覚めが悪いなど身体の不調が現れます。

【不規則な生活】

朝食抜き、暴飲暴食、偏食、過度なダイエットなど栄養素不足が疲労を招きます。

【体内時計の狂い】

時差ボケ状態で眠たいのに寝られなかったりあくびが止まらなかったりします。

【寝具が合わない】

不自然な姿勢で寝てたり、きちんと寝返りができず、ちゃんと睡眠がとれない。

疲れがとれるのはどんなマットレス?

フカフカが気持ちいいからと柔らかい敷布団を選ぶ人が多いですが、敷布団は基本的に固めが良いのです。 しかし固すぎてもNG、適度な固さの物がベストです。

柔らかすぎると反発が少ないので寝返りがうちにくくなります。寝返りには1日の疲れを癒すという重要な役割があり、疲労した筋肉や関節を調整しますが、これが行えなくなってしまうのです。

そして、腰が沈み過ぎて体が変な姿勢になったまま長時間寝るので、身体への負担が増えてしまい安眠できません。

また、睡眠中は体温調節も重要です。暑過ぎると熱がこもってしまいますし、寒すぎると体の機能が低下して風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。

寝ている間には意識的な温度調節ができないので、自然と温度調節できるような布団にする必要があります。

これらのことから安眠できる敷布団の条件とは、適度な固さがあり、しっかり体を支えてバランスよく体圧を分散し、柔らかすぎず腰に負担が少なく、通気性が良いということがわかります。 そのような条件にあうのは体圧分散できる高反発な敷布団やマットレスです。

体圧分散の敷布団でスッキリ起きられるようになった方たちの声

  • 寝心地バツグン、朝スッキリと目が覚めるようになりました。
  • 朝まで1度も起きずにぐっすり眠れて、体の疲れも取れています!
  • 寝返りのたびに起きていたのに、朝までグッスリで快適な寝心地です。

今まで適当な寝具を使っていて、寝ても疲れがとれないのだとしたら、是非、この機会に敷布団やマットレスを変えることを検討してみてはどうでしょうか?

あなたにピッタリの商品をピタリと診断 敷布団・マットレス絞込検索
ページトップへ